シャロン.ジーエス ロゴ
新着情報
ニコニコ車検
BOSCHチューンナップ
エンジン&足回りの
ベストコンディショを追求
「ボッシュ サービス  
プログラムメニュー」
ボッシュサービスプログラムメニュー
MOTULオイル
鈑金・塗装
会社概要・地図
秋田県秋田市雄和
018-886-2535


++指定工場だから安心++
教職員共済秋田県支部
NTT労働組合秋田県支部

コンピュータ診断で、更に精度の高い輸入車メンテナンスができます
(車種により診断範囲が異なります)
BOSCH KTS520 ESI[tronic]
BOSCH KTS520 ESI[tronic]
 

シャロンTOPBOSCHチューンナップ>BOSCH Service Program 足回り診断
BOSCH シャロン.ジーエスはボッシュのカーサービス店です
ボッシュカーサービスlogo
http://www.bosch.co.jp/bcs
ボッシュカーサービス看板
足回り診断 1 

サスペンション診断 
BOSCH Service Program エンジン診断
サスペンションに問題がある場合
  1. 走行中 車の振動が気になる
  2. 乗り心地が良くない
ワンポイント アドバイス
サスペンションの劣化は正確に専用診断機器で測定することをお勧め致します。
サスペンション劣化はドライブの不快感へ繋がります。
振動を感じ始めたらサスペンションチェックをお勧めします
サスペンション診断
サスペンション診断
サスペンション交換の目安
走行距離が多く 振動がある (ガタ ガタ)
重い荷物を載せる機会が多い
走行中 不快感な振動を感じる
足回り診断2 

高速ブレーキテスター診断 
BOSCH Service Program エンジン診断
ブレーキシステムに問題がある場合
  1. 走行距離が多い車は ブレーキパーツの磨耗度が高い
  2. ブレーキ関連の効きが悪い場合 事故へと繋がる可能性がある
ワンポイント アドバイス
ブレーキ点検は車の最重要項目です。車検 定期点検時のみではなくブレーキの使用頻度によって 劣化に大きな違いがあります
ABS ESP装着車は作動点検も高速ブレーキテスターで正確に診断出来ます
サスペンション診断
サスペンション診断
ブレーキパーツの交換の目安
ブレーキパッド (フロント 30,000km リア50,000km)
ブレーキロータ (50,000km)
ブレーキパーツ交換走行距離はあくまで目安であり車の使用状況により
劣化が早い場合もあります
足回り診断3 

ブレーキパーツチェック 
BOSCH Service Program エンジン診断
ブレーキパット&ブレーキロータ
制動力が弱い場合 事故への危険性があり大変危険です
交換目安がきたら 早めの点検及び交換をお勧めします
ブレーキフルード
フルードの劣化はブレーキの効きへ影響します
交換時期がきたら 早めの交換をお勧めします
ブレーキパーツチェック
ブレーキパーツチェック
交換の目安
ブレーキパッド : 30,000km毎の点検
ブレーキロータ : 50,000km毎の点検
ブレーキフルード:20,000Km毎の点検
ブレーキパーツチェック
足回り診断4 

サイドスリップ診断 
BOSCH Service Program エンジン診断
サイドスリップに問題がある場合
  1. 走行中 真直ぐ走行しない
  2. タイヤの片ベリがある
ワンポイント アドバイス
タイヤの軸(トーイン)が真直ぐかどうかを診断します
診断で異常がある場合 タイヤの磨耗や走行中の不具合があります。
このような症状がでたら アライメント診断&調整をお勧め致します
サイドスリップ診断
サイドスリップ診断
サイドスリップ点検の目安
タイヤの片ベリ。 車が真直ぐ走らない。 走行安定が悪い
タイヤ&ホイールの交換後。 サスペンション交換後
足回り診断5 

アライメント診断 
BOSCH Service Program エンジン診断
アライメントに問題がある場合
  1. 走行中 真直ぐ走行しない
  2. タイヤの片ベリがある
  3. ハンドルの位置が狂っている
ワンポイント アドバイス
サイドスリップ診断後 基準値外の場合アライメント診断が必要です
快適なドライブを実現するために正確な診断を行いましょう
アライメント診断
アライメント診断
アライメント調整を実施する場合の目安
タイヤの片ベリ。 車が真直ぐ走らない。 走行安定が悪い
タイヤ&ホイールの交換後。 サスペンション交換後
Copyright© 2013- (株)シャロン.ジーエス All rights reserved.